箱や説明書をセットにする

付属品がセットになっている

おもちゃの中には、部品が付いているものがあります。
予備の部品は使う機会がないと捨ててしまう人が見られますが、売る時に必要になります。
部品が欠けていると価値が下がるので、一緒に売ってください。
またほとんどのオモチャには、説明書が付いています。
説明書も一緒に売ることで、高く買い取ってくれます。

リサイクル店によって、査定をする際の基準が変わります。
しかし付属品がきちんとセットになっているという部分は、どこのお店でも重要視するでしょう。
おもちゃ本体と付属品を別で売ると、安く買いとられるのでもったいないです。
購入した時に、セットになっていたものを思い出してください。
その時と同じ状態で売ることがポイントです。

綺麗におもちゃを磨こう

そのままでは価値が下がるので、売る前に綺麗に拭いてください。
水に弱いおもちゃもあるので、乾いた雑巾で拭きましょう。
水拭きをすると、壊れてしまう可能性があります。

おもちゃの塗装が剥がれている場合は塗り直した方が、価値が上がると思っているでしょう。
綺麗に塗り直せるなら良いですが、自信がない人は無理をしないでください。
素人が塗り直したと見ただけでわかるような状態では、価値が下がります。
それなら何もしない方が、まだ高く買取ってくれるでしょう。
高くおもちゃを売るためには、状態をできるかぎり良くしましょう。
綺麗になったように見えてもその過程で壊してしまったりしては本末転倒で須。無理をせずに綺麗にしましょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ